食欲不振を改善させるにはどうしたらいいのでしょうか?

大人になると食欲不振に悩まされることもあります。体調不良が原因で起こることもあれば、精神面の不調が影響していることもあり、改善方法もひとりひとりの状況に合わせて判断していく必要があるので「この方法が一番!」といった選択肢がないというのが実情です。それだけにまず原因を把握し、それにあった改善方法を探していくことが大事です。

食欲不振の原因は病気の可能性や自律神経の不調が関係しているかも・・

からだの疲労Q&A

まずは病気の可能性がないか疑ってみましょう。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、慢性肝炎、腎臓機能の低下、意外なところでは甲状腺機能低下症。こういった病気が原因の場合には当然のことながら病気の治療が最優先となります。

 

ではそれ以外の原因の場合にはどんな改善方法があるのか?まずチェックしたいのが自律神経の不調です。現代はストレス社会とも言われ、ストレスが蓄積することで自律神経に乱れが生じたり、乱れた状態が慢性化してしまうケースが増えています。この自律神経による食欲不振は単に食べる気がしないだけでなく、吐き気を催す、無理に食べると胃がもたれてしまう、さらには食べ物を見ただけで気持ちが悪くなってしまうといった症状が見られるのが特徴です。

 

この自律神経がもたらす食欲不振ではまずはストレス解消が第一ですが、自律神経のバランスを整えるための対策もいろいろと行っていきましょう。心身をリラックスできる環境を整えること、食欲不振をもたらす自律神経の乱れはもっぱら交感神経が優位になったことで生じるものです。

食欲不振を改善させるにはお風呂やアロマテラピーでリラックスさせること

からだの疲労Q&A

ですからお風呂やアロマテラピー、落ち着く音楽など心身をリラックスさせて副交感神経を活性化させる対策が有効です。お風呂の場合は体温よりも4℃ほど高いくらい、それほど熱すぎない範囲でつかるのがポイントです。

 

それから意外なところでは日光を浴びるというのも大事なポイントです。日光は副交感神経を活性化させる働きを持っており、朝起床後に日光を数分ほど浴びるだけでも自律神経を整え、1日活動するためのスイッチをオンにすることができます。朝食がなかなか食べられないという方にとくにオススメです。

 

運動もやはり必要です。自律神経を整えるだけでなく、適度な空腹感と疲労感をもたらすことで食欲を刺激することができます。ハードな運動ではなくウォーキングがオススメです。できれば外に出てストレス解消と気分転換ができる運動を取りいれましょう。

 

こうした対策を日々の生活の中で取り入れていくことで食欲不振を改善していくことができるはずです。あとは睡眠環境を改善する、バランスのよい食生活を心がけるといった基本的なところも忘れないようにしましょう。

疲労回復に飲みたい元気が出るサプリ人気10選

疲労回復に飲みたい人気のサプリ

アサヒSAIローヤルゼリー48EX 男女におすすめ!

1粒でローヤルゼリー飲料11本分!完全無添加100%のローヤルゼリーサプリ
10,800円・税込/定期コース3,980円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

高麗美人 女性におすすめ!

サポニンは大豆の7.7倍!40代からの元気とキレイに100万袋突破の大人気サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 ※30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!

サントリー マカ 冬虫夏草配合 男性におすすめ!

減退を感じたらまずこのサプリ!40〜50代の男女に最も選ばれているマカ
1ヶ月5,500円(税別)/定期購入5,500円→4,950円(税別)
>>公式HPで詳しく見てみる!