疲れにくい体をつくるにはどのようなことを行えばいいのでしょうか?

世の中には疲れやすい人と疲れにくい人がいます。また疲れを引きずりやすい人とすぐに解消できる人も。こうした差は体力や年齢だけではなく、その人の生活習慣も深く関わっています。言い方を変えれば日々の生活の心がけ次第で疲れにくいか体をつくっていくこともできることになります。

疲れにくい体をつくるには質のいい睡眠をし適度な運動をおこなうこと

からだの疲労Q&A

まずは睡眠環境を充実させましょう。これは単に睡眠時間を確保するだけの問題ではなく、質の高い睡眠をとれる環境づくりが求められます。そのためにもできるだけ毎日規則正しい時刻に就寝・起床する生活習慣が求められます。なかなか仕事などの都合で同じ時間に就寝することが難しいという方は起床時間を規則正しくするよう心がけましょう。

 

睡眠を充実させることで乱れた体のサイクルを改善し、深い睡眠の中でしっかりと体を休ませて疲れを残さない状態にすることができます

 

それからやはり運動は欠かせません。純粋に体力をつければ疲れにくくなりますし、適度な疲労と精神面のリラックスはストレス解消と睡眠環境の充実をもたらします。また適度な運動は疲労物質の排出を促して疲れをとる効果も得られますし、血行の改善やホルモン分泌を促すことでも疲れにくい体づくりに役立ってくれます。

 

日ごろ運動をする習慣がない人は体を動かすのをおっくうがってしまいますます疲れやすい体になってしまいます。その結果ますます体を動かさなくなり…と悪循環に陥っていることも多いのでウォーキングなど手軽にできる運動からはじめてみましょう。なおこちらもできるだけ規則正しく、規則正しい時間帯に継続的に行っていくことが大事です。

ストレッチで体をほぐしたり食生活を見直すことも疲れにくい体をつくる方法

からだの疲労Q&A

あとはストレッチ。運動をした後だけでなく、仕事から帰ってきた後など体に疲れを感じているときにストレッチをして体をほぐすことで筋肉の疲労を改善していくことができます。

 

またデスクワークで肩や首の筋肉がこっている場合、長時間立ちっ放し、歩きっぱなしの営業などで足に疲れがたまっている場合もストレッチで疲労を和らげることができます。こちらはぜひ毎日の習慣にしましょう。マッサージを併せて取り入れて血行とリンパの流れを促せば疲労物質の排出にも役立ちます。

 

そしてやはり忘れてはならないのが食生活の改善です。ビタミンB群やクエン酸をはじめ疲労回復に役立つ成分、あとはたんぱく質、アミノ酸といったエネルギーの源になる成分を食生活で積極的に摂取していくことで土台から疲れにくい体づくりを目指していくことができます。

 

こうしてみるとやはり当たり前というか、心身ともに健康な生活環境が求められます。まずはみすみす疲れやすい体になるような生活を送っていないかどうかから見直してみるとよいでしょう。

疲労回復に飲みたい元気が出るサプリ人気10選

疲労回復に飲みたい人気のサプリ

アサヒSAIローヤルゼリー48EX 男女におすすめ!

1粒でローヤルゼリー飲料11本分!完全無添加100%のローヤルゼリーサプリ
10,800円・税込/定期コース3,980円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

高麗美人 女性におすすめ!

サポニンは大豆の7.7倍!40代からの元気とキレイに100万袋突破の大人気サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 ※30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!

サントリー マカ 冬虫夏草配合 男性におすすめ!

減退を感じたらまずこのサプリ!40〜50代の男女に最も選ばれているマカ
1ヶ月5,500円(税別)/定期購入5,500円→4,950円(税別)
>>公式HPで詳しく見てみる!