質のいい睡眠ってどうとればいいのでしょうか?

睡眠環境の改善には質のいい睡眠が欠かせないといわれています。眠る時間を確保するだけでは不十分、深く眠れる環境もないと体がしっかり休息をとることができずに疲労の蓄積や脳の活動の低下、ホルモンバランスの乱れといった問題を引き起こしてしまうのです。

質のいい睡眠をとるためには規則正しい睡眠環境が欠かせない

からだの疲労Q&A

そんな質のいい睡眠には規則正しい睡眠サイクルを維持することがまず重要です。人間の睡眠は浅い眠りと深い眠りが交互に訪れることでサイクルを形成しています。よく「レム睡眠」「ノンレム睡眠」といった言葉が聴かれますが、これも睡眠サイクルの一環で訪れるものです。このサイクルが乱れているとなかなか深い睡眠に入れずに何時間寝ても疲労が抜けない、熟眠感が得られないといった問題が起こるわけです。

 

この規則正しい睡眠サイクルにはやはり規則正しい睡眠環境が欠かせません。睡眠時間だけでなく就寝・起床時間にも注意してみましょう。毎日就寝・起床時間が異なった環境で1日8時間睡眠を続けるよりも毎日同じ就寝・起床時間を維持したうえで1日6時間睡眠を続けた方が質のよい睡眠をとりやすいといわれています。

 

仕事の都合などで不規則な睡眠環境になってしまっている方も多いかもしれませんが、少なくともお酒やパソコンなどでの夜更かしが原因の不規則な睡眠環境は改めましょう。

質のいい睡眠のとるには就寝前にスマホなどは避け脳をリラックスさせた状態にしておく

からだの疲労Q&A

それから睡眠中には脳も休息状態に入ります。もちろんまったく活動が停止するわけではないのですが、就寝中に休息をとることで疲労の回復や記憶力の定着といった効果がもたらされます。ですから睡眠に入る前にはできるだけ脳が興奮状態に陥っておらず、リラックスしている環境が望まれます。体も激しく運動した直後に眠るのは難しいものです。

 

就寝前には脳を興奮させる行為、具体的にはスマホやパソコン、ゲーム、カフェインの摂取といったことは避けましょう。なかなか寝付けないという方は就寝前にマッサージや心地よい音楽を聴いてリラックスする習慣を取り入れてみましょう。

 

睡眠時間に関しては何時間くらいが一番よいのか、まだはっきりとした結論が出ていないようです。ただ眠る時間帯に関しては深夜0時〜午前6時くらいまでがもっとも質が高くなるといわれており、この時間帯にしっかり睡眠が取れているかどうかが睡眠の質を左右する重要なポイントといわれています。深夜まで起きている習慣がある肩は気をつけましょう。

 

なお、睡眠サイクルは1時間半をひとつの単位にしているといいます。深い眠りから浅い眠りまでのサイクルが1時間半ほど完結し、それが繰り返されるのです。ですから睡眠時間も1時間半の倍数、6時間や7時間半あたりがもっともよいと考えられています。なかなか睡眠時間がとれないという方は1時間半の倍数を意識して睡眠環境と睡眠時間を検討してみてはいかがでしょうか。

疲労回復に飲みたい元気が出るサプリ人気10選

疲労回復に飲みたい人気のサプリ

アサヒSAIローヤルゼリー48EX 男女におすすめ!

1粒でローヤルゼリー飲料11本分!完全無添加100%のローヤルゼリーサプリ
10,800円・税込/定期コース3,980円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

高麗美人 女性におすすめ!

サポニンは大豆の7.7倍!40代からの元気とキレイに100万袋突破の大人気サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 ※30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!

サントリー マカ 冬虫夏草配合 男性におすすめ!

減退を感じたらまずこのサプリ!40〜50代の男女に最も選ばれているマカ
1ヶ月5,500円(税別)/定期購入5,500円→4,950円(税別)
>>公式HPで詳しく見てみる!