眼精疲労を回復させるにはどうしたらいいのでしょうか?

現代人は眼精疲労を抱えやすいといわれています。仕事でパソコンが不可欠になりつつあるうえにSNSやゲーム、動画配信などでモニター画面を凝視する時間が長くなり、さらにはスマホの登場でいつでもどこでもモニター画面をチェックする環境になりました。その影響で眼精疲労がすっかり慢性化してしまっている人が増えているのです。

眼精疲労の回復方法は蒸しタオルと冷やしたタオルを交互に当てるパック

からだの疲労Q&A

こうした事情ですから、眼精疲労の回復ではまず原因を改善することが第一です。もちろんパソコンやスマホをやめろ、というわけにはいきませんから、目の疲労を蓄積させるような環境をできるだけ避けることが第一です。モニター仮面と向き合うときには長時間凝視するのは避け、適度に目をそらして休ませる習慣を心がけましょう。モニター画面を見ているときはどうしてもまばたきの回数が減ってしまい、目が乾燥して疲労しやすくなります。

 

デスクワークのときには30分に1回は目を背けて遠くを見る、眼球を動かすといったケアを心がけましょう。あとは姿勢、猫背にならず、できるだけ俯いてモニター画面を見ないようにしましょう。

 

こうした準備で眼精疲労を回復できる環境を整えたうえで具体的な方法を行っていくことになります。効果が高いのは蒸しタオルと冷やしたタオルを交互に当てるパックです。眼精疲労は目の周辺の血行が悪化してしまうのが大きな原因ですから、温めて血行を拡張し、冷やして収縮させるケアを繰り返すことで滞っていた血行を改善することができます。

眼球のエクササイズやサプリで眼球疲労を回復させることもできる

からだの疲労Q&A

仕事で疲れたときに行うほか、就寝前に行うと深い眠りを導く効果も期待できます。普通にお湯と冷水にタオルを浸すだけでも十分効果が得られますが、お湯に浸した後にラップで包んで温める、水に濡れしたうえで冷凍庫に入れて冷やすといったちょっとこだわったやり方をすることでさらに効果をアップさせることができます。

 

もっと簡単な方法では眼球のエクササイズがおすすめです。モニター画面を凝視して眼球を動かさなくなってしまうことで筋肉や血行が滞ってしまいます。ですから意識して眼球を動かすことで凝りをほくじ、血行を改善することで疲労の回復効果が期待できるのです。

 

眼球をぐるぐる回す、上下左右に動かす、目を閉じたり開いたりを繰り返すといった簡単にできる方法で十分です。ただあまり眼球をぐるぐる回しすぎると気分が悪くなることもあるのでほどほどを心がけましょう。

 

疲れ目といえばブルーベリーがよいとよく言われますが、食材やサプリメントでも回復ができます。ブルーベリーに含まれているアントシアニンのほか、ビタミンB群やビタミンAも目の健康・疲労回復に役立つ成分です。他にはほうれん草やブロッコリーに含まれているルテインなども食生活やサプリメントで取り入れてみましょう。

疲労回復に飲みたい元気が出るサプリ人気10選

疲労回復に飲みたい人気のサプリ

高麗美人 女性におすすめ!

サポニンは大豆の7.7倍!40代からの元気とキレイに100万袋突破の大人気サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 ※30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!

サントリー マカ 冬虫夏草配合 男性におすすめ!

減退を感じたらまずこのサプリ!40〜50代の男女に最も選ばれているマカ
1ヶ月5,500円(税別)/定期購入5,500円→4,950円(税別)
>>公式HPで詳しく見てみる!

アサヒSAIローヤルゼリー48EX 男女におすすめ!

1粒でローヤルゼリー飲料11本分!完全無添加100%のローヤルゼリーサプリ
10,800円・税込/定期コース3,980円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!