肩こりに効果的なストレッチはどのように行えばよいのでしょうか?

肩こりは肩だけの問題ではなく、より広い範囲に問題が生じることで発生します。それだけにストレッチで対策を行っていく場合にでも肩だけにこだわらないアプローチが求められます。

手軽にできる肩こりのストレッチはこわばった筋肉をほぐす効果がある

からだの疲労Q&A

まずは肩をほぐすためのストレッチ。まず両手を上に挙げてみましょう。肩甲骨を持ち上げる感覚で持ち上げるのがポイントです。その姿勢を数秒間維持するだけでも肩のこわばった筋肉をほぐす効果が得られます。

 

同じく簡単な方法では両手を組んだ状態でひっくり返しながら前に押し出す方法もオススメです。背中を丸めるくらいまで前に押し出すのがポイント、実際に行ってみると肩甲骨の下側が離れるような感覚が味わえるはずです。

 

この2つの方法は年齢や健康状態に関係なくできる方法ですが、もうちょっと踏み込んだ方法もあります。片方の腕を折り曲げた状態で頭の後ろに藻って行き、もう一方の手で肘をつかんで引っ張り込む方法です。肩こりを抱えている方が行うとかなり腕に負荷がかかり張りや軽い痛みを感じるでしょう。なのであまり無理せずにできる範囲で行ってほぐしていきましょう。うまくできるようになるとかなり効果的なストレッチとなります。

肩こりに効果的なストレッチで最近注目を集めるのが肩甲骨はがし

からだの疲労Q&A

最近注目を集める機会が増えているのが「肩甲骨はがし」です。先ほども肩甲骨が出てきましたが、肩甲骨周辺が凝ってしまっていることで肩こりが発生していることが多く、うまくほぐすことで肩こり改善効果が得られます。とくにデスクワークで長時間同じ姿勢を続ける習慣がある肩はこの肩甲骨の凝りが起こりやすいのでおすすめです。

 

さまざまな方法が取り上げられていますが、自分でできる方法ではタオルをつかったものがあります。両手でタオルの両端をつかんで高く上げた姿勢からそのタオルを頭の後ろにまわして肩甲骨の上の部分にまで持ってく。そしてまた高く上げて元の状態に戻す。この作業を10回ほど繰り返します。最初のうちは張りや痛みを感じることもあるので無理せずに行っていくことがポイントです。

 

こうした肩の凝りをほぐしていく方法に加えて眼精疲労を改善するためのストレッチも取り入れましょう。パソコンやスマホで眼精疲労を起こしていると目から首にかけての血行が悪化し肩こりをもたらすこともあります。

 

また長時間パソコンを行っている方は肩こりと眼精疲労両方の原因を抱えてしまっていることも多いのでケアも両方必要です。眼精疲労のストレッチは眼球をグルグル回す方法、大きく眼球を動かしながら上下左右を見る方法などがあります。人前でやるとちょっと恥ずかしいですが、簡単にできる方法なので自宅でやってみるとよいでしょう。

疲労回復に飲みたい元気が出るサプリ人気10選

疲労回復に飲みたい人気のサプリ

高麗美人 女性におすすめ!

サポニンは大豆の7.7倍!40代からの元気とキレイに100万袋突破の大人気サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 ※30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!

サントリー マカ 冬虫夏草配合 男性におすすめ!

減退を感じたらまずこのサプリ!40〜50代の男女に最も選ばれているマカ
1ヶ月5,500円(税別)/定期購入5,500円→4,950円(税別)
>>公式HPで詳しく見てみる!

アサヒSAIローヤルゼリー48EX 男女におすすめ!

1粒でローヤルゼリー飲料11本分!完全無添加100%のローヤルゼリーサプリ
10,800円・税込/定期コース3,980円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!