更年期のだるさの原因と様々な症状、上手な回復法とは?

更年期の精神的な症状

更年期におきる症状は身体的なものだけでなく精神的なものにも及びます。漠然とした不安や無気力、あるいは理由もなくイライラしたりちょっとしたことで怒りを爆発してしまうなど、身体的な症状に比べてとらえどころがない面が多く、対策が難しいのが厄介な点です。

更年期になると自律神経が乱れやすくなる

更年期の疲労と解消法

この精神的な症状が起こるメカニズムは複雑です。もっとも直接の原因として考えられるのが自律神経の乱れです。エストロゲンの減少によるホルモンバランスの変化は自律神経のバランスにも影響を及ぼします。

 

交感神経が優位な状態が続くと緊張や不安が持続し、神経質になってちょっとしたことにイライラしてしまうようになります。一方副交感神経が優位になると無気力や倦怠感といった症状が見られます。厄介なのはどちらか一方の症状が極端に表れるだけでなく、自律神経の変化によって両方の症状が交互に起こることがある点です。

 

それから体調の変化が精神面にも影響を及ぼす場合もあります。持続的に頭痛や肩こり、下腹部痛といった問題を抱えていればどうしても精神面への影響は避けられません。

自律神経の乱れがうつ病に進行してしまうことも・・

更年期の疲労と解消法

こんな状態を何年も我慢し続けなければならないのか、と思うと不安を感じたり、無力感などを覚えてしまうこともあります。それが精神状態だけでなく自律神経のバランスも悪化させてしまう恐れがあります。注意したいのはこうした精神面の問題がうつ病に進行してしまう恐れがあることです。

 

とくに無気力感や憂鬱感が長く持続していると発展しやすい傾向があるので要注意です。体調の不調からどうしても精神面が不安定になりがちな更年期ですが、うまく自分の感情をコントロールできない場合には自律神経の乱れも疑ってかかる必要があります。

 

大豆イソフラボンやザクロ、あるいは医療機関でのホルモン療法などによって更年期が自律神経にもたらすメカニズムに直接アプローチする選択肢も考慮に入れたうえで適切な対策を検討していくべきでしょう。精神面の不調を1人で抱え込まないための周囲の支えや励ましも重要なポイントとなります。周囲の理解を求めて家族や友人に不調を訴えることも検討してみましょう。

疲労回復に飲みたい元気が出るサプリ人気10選

更年期の疲労と体のだるさ

年齢を重ねれば疲労を感じやすく、残りやすくなるものですが、更年期になるとその傾向が顕著に見られることがあります。こうした疲労・体のだるさも更年期の典型的な症状のひとつなのです。更年期は一般的に50歳前後の10年間といわれています。

更年期になると代謝の低下も疲労やだるさの原因に

更年期の疲労と解消法

この時期はちょうど老化が加速していく時期と重なっており、ただでさえ疲れやすく、なかなか回復しない環境になるわけですが、加えて更年期に起こる卵巣機能の低下とエストロゲンの減少がその環境に拍車をかけることになります。この時期の疲労・体のだるさとしてまず挙げられるのは自律神経の乱れです。

 

卵巣機能が低下することで脳の視床下部の指示通りにエストロゲンを分泌することが難しくなっていくと脳と体の働きの間にギャップが生じて自律神経が不安定になっていきます。それがイライラや怒りっぽさ、うつ症状といった精神面の症状の原因になるわけですが、それだけではなく体のだるさを引き起こします。

 

やる気がでず体が重くて動かすのも億劫な状態に陥ってしまうのです。つまり体が疲れやすいだけの問題ではなく、精神状態の段階で疲労をズルズルと引きずり、だるい状態を作ってしまう環境に陥ってしまっているわけです。さらに代謝の低下も疲労・体のだるさの大きな原因となっています。

更年期は血行不良で疲労の回復が遅れる

更年期の疲労と解消法

よくダイエットのポイントとして筋肉を増やして基礎代謝を増やすことが大事、といわれますが、筋肉は体を活発に活動するうえで欠かせないエネルギーを作り出すうえで重要な役割を担っています。更年期になると体の衰えの影響もあってこの筋肉量が低下してしまい、エネルギーが不足しがちになることで疲労が蓄積しやすい状態に陥ってしまうのです。

 

加えてエストロゲンの減少で脂肪が蓄積しやすい状態になるため、運動不足による体重と脂肪の増加がますます疲労を蓄積させ、体が重くなってだるい状態を加速させてしまうことになるのです。

 

自律神経との関係では血行不良も大きな問題です。血液の流れが悪くなると体内の老廃物や毒素が排出されにくくなり蓄積されることでむくみのほか、疲労の回復も遅れがちになります。休息してもなかなか疲労が抜けない、いつも体が重くて疲れを引きずっているような感覚に陥りやすくなるのです。

 

このように、更年期はさまざまな原因から疲労や体のだるさを感じやすくなっています。老化をできるだけ防ぎつつ、エストロゲンの減少を和らげ、補う更年期対策をしっかり行っていくことが疲れにくく活動的な体を維持する上で欠かせないポイントとなるでしょう。

更年期の疲労の解消法

ちょっと体を動かしただけで疲れてしまう、一度横になったりソファに座り込んでしまうともう体を動かせない、更年期にはそんな疲労感に悩まされてしまうケースもあります。その結果家に閉じこもりがちな生活になり、孤立した状態になることで心身の健康をますます悪化させてしまうことも。

更年期の疲労回復には質の良い睡眠が大切

更年期の疲労と解消法

更年期はなるべく無理をしないことが大事といわれますが、疲労感に悩まされている場合には何もせずにゆっくり休むだけでなく、改善するための積極的な対策や工夫も求められます。まず睡眠環境を見直してみましょう。十分な睡眠が確保できているでしょうか。

 

更年期の睡眠環境で注意が必要なのは睡眠時間を確保できていればよいというわけではなく、質の高い睡眠を確保できているかどうかをチェックする点です。更年期には夜中に目を覚ましてしまう中途覚醒や何時間眠っても十分な熟睡感が得られない熟眠障害といったトラブルを抱えてしまっていることが多いからです。

 

睡眠がしっかりとれず脳と体を休ませることができなければ当然疲労をずるずると引きずってしまうことになります。この睡眠環境の段階で疲労が抜けない環境を抱えてしまっていることが多いだけにまずはこの点の改善からはじめましょう。

適度な運動も疲労回復に優れている

更年期の疲労と解消法

更年期の睡眠障害は自律神経の乱れが深くかかわっていることが多く、交感神経が優位になることで脳が興奮状態に陥ってしまっていると深い眠りにつきにくくなってしまいます。ですから就寝前はできるだけ心身をリラックスさせる、カフェインやスマホ、ネットなど脳を刺激するようなものは避けるといった工夫が大事です。マッサージやアロマオイルなど心地よくリラックスできるような習慣を取り入れてみましょう。それから血行不良の問題もあります。

 

血液は酸素と栄養を体中に運ぶ役割とともに体内の老廃物、疲労物質を回収して排出させる大事な役割を担っています。そのため血行不良に陥っていると疲労が蓄積しやすくなるのです。この血行不良は先ほど挙げた自律神経の乱れ、とりわけ血管を収縮させる交感神経の存在が深くかかわっているので自律神経の調節と併せて対策を行っていく必要があります。

 

もうひとつ、運動不足も疲労感の原因になっているケースがよく見られます。更年期は年齢的にも体を動かす機会が少ないものですし、疲労感や倦怠感から体を動かす気になれないものです。

 

しかし適度な運動は質の高い睡眠を促し、血行を促進、疲労物質を排出も促すという疲労回復に非常に優れた効果を備えています。疲れが抜けないからこそ、体がだるいからこそ、あえて体を動かしてみましょう。有酸素運動、とくに外の景色と空気と接してストレス発散にも役立つウォーキングがお勧めです。

更年期のだるさ・倦怠感に利用したいサプリの選び方

更年期になると心身にさまざまな症状が見られるようになるものですが、そんな症状の中でもとくに厄介なのがだるさや疲労感・倦怠感です。これらがすっかり慢性化してしまうと朝起きれない、何をするにもやる気が出ないといった状態に陥ってしまい、更年期対策そのものすら思うようにできなくなってしまいます。

更年期にはエストロゲンの減少を補えるサプリを

更年期の疲労と解消法

そんな慢性疲労倦怠感の対策ではなかなかやる気が出ない状態でも続けることができる手軽な方法が適しています。まずそうした方法で疲労倦怠感を改善すれば他の方法を行っていく気力や根気が出てくるというものです。そんな手軽にできる方法の筆頭がサプリメント、何しろ飲むだけでよいのですから、疲労で体がだるくても続けることができるはずです。

 

こうした更年期のだるさ・倦怠感に適したサプリメントとしてはまず基本となるエストロゲンの減少を補うことができる大豆イソフラボンやザクロエキスがお勧めです。エストロゲンが減少すると自律神経のバランスが乱れやすくなり、それが倦怠感、だるさに結びつきますから、これらエストロゲンと似た働きを持つ成分を補うことで根本の原因を改善していくことができるのです。

 

それからビタミンB群。疲労回復に役立つビタミンB1は慢性疲労の改善に直接役立ちますし、ビタミンB2、B6、B12はエネルギー代謝に関与しており、エネルギー不足による倦怠感やだるさを改善するのに欠かせません。また葉酸は倦怠感や肌荒れの改善に役立つ成分としておなじみです。

マカや高麗人参も更年期のだるさや倦怠感におすすめ

更年期の疲労と解消法

これらビタミンB群はできれば食事で摂取していきたいところですが、なかなか必要な摂取量を毎日満たすのは難しい部分もあるのでサプリメントもうまく併用していくとよいでしょう。あと血液をはじめとした体のめぐりが悪くなるのも更年期によく見られる症状です。その結果老廃物が蓄積し、体が冷えやすくなり、代謝が低下して疲れやすい状態になっていきます。

 

それを改善するためには亜鉛や鉄分といったミネラル、さらにサポニンの摂取がお勧めです。とくにサポニンは抗酸化作用に加えて血中のコレステロール値の調節、糖尿病の予防、免疫力の向上など更年期の悩みの改善に幅広く役立ってくれる成分です。しかも食事で補うのがなかなか難しいのでサプリメントでの摂取がとても適しています。

 

ほかには豊富な栄養分を含んでいるマカや高麗人参なども更年期のだるさや倦怠感の改善にお勧めの成分として上げられます。これらを日々の生活のなかでうまく取り入れながら対策を行っていきましょう。

疲労回復に飲みたい元気が出るサプリ人気10選

疲労回復に飲みたい人気のサプリ

高麗美人 女性におすすめ!

サポニンは大豆の7.7倍!40代からの元気とキレイに100万袋突破の大人気サプリ
3,024円・税込/定期コース2,721円・税込 ※30日間返金保証付
>>公式HPで詳しく見てみる!

サントリー マカ 冬虫夏草配合 男性におすすめ!

減退を感じたらまずこのサプリ!40〜50代の男女に最も選ばれているマカ
1ヶ月5,500円(税別)/定期購入5,500円→4,950円(税別)
>>公式HPで詳しく見てみる!

アサヒSAIローヤルゼリー48EX 男女におすすめ!

1粒でローヤルゼリー飲料11本分!完全無添加100%のローヤルゼリーサプリ
10,800円・税込/定期コース3,980円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!